初めての子連れ(乳児)グアム旅行記。滞在したオンワードホテル、食事から赤ちゃんのための準備について感想を書きました。

グアム旅行の最終日は土曜日で、帰国は午後の便でしたので、デデドの朝市に行く事ができました。デデドの朝市へは専用のバスが出ています。
デデドの朝市行きバスチケット

 

赤いシャトルバスが来ると思ったら、普通の大型バスが来ました。オンワード発は6:00と6:15で、先発のバスに乗りましたが、各ホテルで2〜3組が乗ってくるという程度でした。この日は、バスがホテルに15分ほど遅れて到着しました。乗り遅れたのではないかと心配したのですが、そういうこともあると知っておくと心配しなくてすみますね。スタッフはブルーのアロハシャツを着ていました。

 

デデドの朝市は思ったよりも面積的には広かったですが、半分近くを占める海産物や農産物のお店は一目見て素通りするので、滞在時間の1時間は充分すぎるほどでした。
デデドの朝市

 

串焼きは1ドルで買えます。ポークとチキンを1本ずつ買いました。
デデドの朝市の串焼き

 

名前は忘れましたが、おかゆと春巻きのような郷土料理にも挑戦しました。春巻きは1つ0.5ドルで普通に美味しかったです。おかゆは2.5ドルで中華だしとガーリックで味付けたような感じで、私は美味しいと思いましたが妻の口には合わなかったようです。食べてから気づきましたが、海外の、しかも屋台の水ものであるのに、全く警戒していませんでした。もともとお腹が弱いほうなのですが、結果的にお腹を壊すようなこともありませんでしたので、案外誰でも大丈夫なのではないでしょうか。
デデドの朝市の春巻きとおかゆ

 

買いませんでしたが、ホットドックやハンバーガーなどを売っているお店もありました。
デデドの朝市のハンバーガー

 

バナナの春巻きのようなものも1ドルで売っていたので試してみました。甘くてデザート代わりといったところでしょうか。外が飴でカリッ、中がバナナでトロっとしていて妻がかなり気に入っていました。
デデドの朝市のバナナ焼き

 

最後はフルーツジュースです。いろいろな種類のジュースが2〜3ドルで売られていました。フルーツジュースのお店は2つくらいあったようでした。買ったのはSpectacular Calamansiというジュースです。買う前にマンゴーとこれを試飲させてもらって決めました。Slushieとなっているのはシャーベットのようでした。ついでにプラス1ドルでタピオカを入れてもらいました。

 

デデドの朝市のフルーツジュース1 デデドの朝市のフルーツジュース2 デデドの朝市のフルーツジュース3

 

そういえば、服を売っているお店もありました。串焼きのお店に一人で並んでいる間に、妻は娘とのペアルックをお買い上げでした。ちなみに値切ったそうで、2つで15ドルのところを13ドルにしてもらったそうです。ホテルに帰ったらさっそく2人で試着して、自分はカメラマンになりました。
デデドの朝市で買った服

 

さて、グアム旅行も後は帰国を残すだけになりました。