初めての子連れ(乳児)グアム旅行記。滞在したオンワードホテル、食事から赤ちゃんのための準備について感想を書きました。

子連れ(乳児)におすすめの準備

移動移動
・抱っこひも
結果的にエルゴベビーの抱っこ紐はマストでした。10キロの我が子を夫婦二人で交代で抱っこしました。ベビーカーがなくても、抱っこ紐さえあれば、身軽に見て回れます。逆に横目で見ている限りでは、ベビーカーはブランド以外のショップでは通路が狭めだったり、バスの乗り降りが大変そうだったりに見えました。大人しくしていてくれれば抱っこひもより楽かもしれませんが、一長一短かと思います。

 

食事食事
・食べ慣れたベビーフード
・麦茶のペットボトルとマグ、紙パックの麦茶やイオン飲料
・食器用洗剤とスポンジ
・大人用の椅子で子供を座らせられるチェアベルト
・使い捨ての食事用スタイ
・ぐずり対策にもなるベビーおやつ

 

長時間おっぱいをあげられない時のためにミルクと哺乳瓶も持参しましたが、結局ホテルに戻ったり、離乳食とおやつで乗り切ることができました。

 

服装服装
・基本は袖なしロンパース&半袖T&七分パンツ

 

・長袖の上着と靴下
外を歩く時は、ロンパースだけでも良いくらい暑いのですが、日焼け対策に服を着せていました。また、どのガイドブックにも書いてありますが、ショッピングモールやレストランは想像以上に冷房が効いていて寒いですので、長袖の上着と靴下が手放せませんでした。ホテル内では長袖Tシャツを着せていました。

 

飛行機に持ち込むもの飛行機に持ち込むもの
・授乳ケープの代わりとなる大きめTシャツ
離着陸時の赤ちゃんの耳抜きでおっぱいをあげるのに役立ちました。

 

・レジャーシート
機内の床で赤ちゃんが遊べる様に敷きました。

 

・上着・靴下
機内は案外寒いです。

 

・食べ慣れたベビーフード、マグ、使い慣れたスプーン、食事用エプロン
ベビーミールが口に合わなかった時のためにベビーフードと使い慣れたスプーン、食事用エプロン

 

・音の出ないおもちゃ
・ベビーせんべいなどのおやつ
・おむつ

 

ホテルホテル
・レジャーシート
レジャーシートをつかっておむつ替えスペースにしました。飛行機でも使ったものです。

 

・おむつ
おむつは1日8枚計算で5日分、40枚ほどを持って行きました。現地調達しようかとも思いましたが、体や肌に合わなかったら困るので持参しました。帰りはスーツケースの空いたスペースにお土産を入れることができます。

 

・おしりふき
おしりふきは、おてふきも兼用して、3パック持参しました。これも、どんなものが現地調達できるかわからなかったからです。

 

ビーチ・プールビーチ・プール
・水泳用おむつ
これも体に合うか確認したかったので日本で用意して確認しました。グアムに行ってわかったことですが、もちろん現地でも購入できますが1パック10ドルほどするので、夏のプールの時期に赤ちゃん用品店や薬局で買っておくと良いです

 

・日焼け止め
・帽子
・ラッシュガードや日除けになるTシャツなど
・麦茶
もちろん、水分補給も大事です。

 

その他その他
グアムでは、虫除けは使いませんでした。グアムは普通に水道もあり綺麗なのと、ベビーフードメインだったため、除菌ジェルも使う場面がありませんでした。

 

ともかく、これでいよいよ初めての子連れ(乳児)グアム旅行に出発です。